So-net無料ブログ作成
2010年06月07日| 2010年06月16日 |- ブログトップ

裁判員裁判の判決文に評議の経過 「国民目線」見せる工夫!?(産経新聞)

 国民目線の反映が目的の裁判員裁判の判決文に変化が出始めた。15日に東京地裁(鬼沢友直裁判長)で開かれた放火事件の裁判員裁判の判決は、裁判員の少数意見にも言及した。従来の刑事裁判やこれまでの裁判員裁判の判決に比べ、結論に至る経緯が詳しくなっており、参加した裁判員は「裁判員の目線を判決に取り入れてもらった」と評価した。ただ、評議の経過をどこまで明らかにできるかは、議論になりそうだ。

 現住建造物放火未遂罪などに問われた無職、関口愛被告(27)の裁判員裁判では懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)が言い渡された。

 判決は、薬物依存の兆候がある被告について「執行猶予として薬物更生施設で被告が生活を営めるかは疑問」として実刑を求める意見があったことを明らかにするなど、執行猶予の可否について評議で意見が分かれたことを指摘。その上で、保護観察とすれば公的サポートを得られることなどから、執行猶予としたことを明らかにした。

 ほかにも、各段階で裁判員の間に少数意見を含めてどんな意見があり、どう結論に至ったのか、従来の判決に比べ詳述した。

 判決後に会見した男性裁判員(63)は「国民の言葉として(さまざまな意見が)判決文の中に入った。制度の趣旨に合致している」と評価。別の男性裁判員は「『裁判員裁判の判決はこういうものを目指すべきだ』と裁判長が意識的に書いたと思う」と述べた。

 裁判員裁判の判決文は、評議を踏まえて裁判官が作成する。しかし、守秘義務とのかねあいから非公開の評議の内容を判決や裁判員会見で詳しく明らかにすることは難しい。

 ベテランの刑事裁判官は「プロセスを明らかにすることで関係者や国民が納得いくものにするとともに、『裁判員が加わった』ということが分かる判決にしようという考えがあるのではないか」と指摘。ただ、「守秘義務とのバランスなど、どこまで評議の経過を明らかにできるかは議論の必要がある」としている。

【関連記事】
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題 
裁判員裁判、初の一部無罪判決
「職場に迷惑」鹿児島まで出向いた裁判員候補
性犯罪者の監視と更生描く 映画「Scope」話題 
「制度は順調、理念定着」 裁判員制度1年で千葉法相

91.3%「新聞読む」 新聞協会調査(産経新聞)
20日までの完了目指す=未処理3万頭―政府対策本部(時事通信)
みんなの党、参院比例に吉田鈴香氏を公認(産経新聞)
<口蹄疫>都城周辺は陰性 発生農家から1キロ、牛豚97頭(毎日新聞)
防犯カメラの映像、別人だが「似てたから」自分と…(読売新聞)



2010年06月07日| 2010年06月16日 |- ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。